解体工事ってどのくらいの費用が掛かるのだろう

解体工事をする時の費用とは

解体工事をする時というのは、言うまでもなくその建物を壊す時ですね。では、もし今自分が住んでいる住宅を解体工事するときにはどのくらいのお金がかかるでしょうか。普通、解体工事をした後というのはその土地を遊ばせておくわけではなく何らかの形で利用することが多いはずです。例えば、解体工事後新しく住宅を建築する場合には、解体工事の費用がどれくらいかかるのかによってその後に建てる建物や設備などの費用も変わってくるはずです。

場所で工事費用が変わってくるという現実

解体工事は新築住宅の建設のように価格がハッキリとしないことはご存知でしょうか。解体工事費用はその建物が建っている場所によって工事費用が変わってくるのです。つまり、重機が使えるかどうかということや、足場を設置しやすいかどうかという点でその費用は変わります。例えば、駅前で人通りが多く、隣との間隔が狭いところよりも、人通りや車の通りが少なく隣の家との間隔が広いほうが重機が入りやすく足場も設置しやすいので作業がしやすく、費用も少なくて済むわけですね。

警備員を配置するかどうかによっても費用は変わる

場所的な問題に付随して人件費も費用に関係してきます。たとえば、人通りの多い商店街や駅前で工事をする場合、通行人の安全を確保するために警備員の配置が必要になります。人通りの多い場合は、警備員の配置が義務付けられているため、これを拒絶するわけにはいかないんです。この点は費用が高くなりますが、仕方のないことだと思って諦めましょう。また、工事車両の置き場所も駐車場がなければコインパーキングに止めるしかなく、その分の請求も費用に含まれるのです。

古い家では窓などの開口部が多く、耐力壁が足りない家も少なくありません。この耐力壁には筋交いがはいっており、たすき掛けにすることで強度が増し、これらをバランスよく配置することで耐震性が高まるのです。

Comments are closed.