あらゆる世代にメリットがある賃貸マンション経営

20代ではじめれば老後の不安もなくなる

賃貸マンション経営は始める時期がはやいほど、より大きなメリットは受けられるといえるでしょう。20代からはじめれば、物件を購入するために35年ローンを組んでも60歳で定年を迎えるころには完済できます。年収が増えるにつれて融資限度額も広がるので、所有物件を少しずつ増やしていくことも可能でしょう。年金不安が高まっていますが、現役世代のなかでも特に若い20代は特に心配している人も多くいます。20代で物件を手に入れて、早めにローンを完済できれば老後は家賃収入をほぼ丸ごと生活資金に充てることもできるでしょう。

30代や40代でも遅くはない!!

30代から40代で投資を始めたとしてもけして遅くはないのですよ。35年ローンを組んだ場合、老後を迎えても返済が続く可能性はありますが、20代よりも所得が増えていますので、繰り上げ返済などを活用して返済を早めることもできるでしょう。ただし、この年代はいくつもの生命保険や個人年金に加入している人が多く、住宅ローンや子供の教育への出費も増えるので、家計に余裕のないケースも目立ちます。そうした場合は、加入しすぎている生命保険などを整理して浮いたお金を繰り上げ返済などに回す方法もあるでしょう。また、投資用の賃貸マンションを購入してローンを組めば団信に加入するので、生命保険は見直せますし、日々の家計も楽になります。

50代でもメリットはじゅうぶんにある!

意外に思われるかもしれませんが、老後を控えたこの世代でも賃貸オーナーとしてローンを組んで投資するメリットは十分にあるのですよ。50代になると老後の生活はもちろん、これまでの世代以上に万が一の備えへも真剣に考えるようになりますよね。突然亡くなった時に奥さんや子供の暮らしはどうなるのか、遺された家族の収入源として賃貸物件に投資しておくという人もいるのです。また、長期にわたってインカムゲインを得るためになるべく保有しておくのがいいですが、万が一、遺族にまとまったお金が必要な際には投資した賃貸物件を売却してお金に換えることもできますし、相続税や贈与税の節税や遺産分割争いへの対策などのメリットもあります。

札幌の不動産会社では札幌の賃貸情報を豊富に取り扱っておりますので、希望の条件を事前に伝えて、それに応じた物件をいくつか紹介してもらいましょう。

Comments are closed.