賃貸住宅は周辺環境は街全体の雰囲気も大きな要因に

街の雰囲気や周辺環境は大事な要素

部屋探しの時、どんな部屋でどんな設備があるのかというところは気にしますが、住宅の周辺がどんな雰囲気なのかということは、どうしても見落としがちですよね。しかし家に住むということは街に住むということでもあり、街の雰囲気というのは心地よい住環境のためには欠かせないものです。部屋自体は悪くない条件が整っているのに、実際住んでみたらあまり楽しくないとか、いろいろと不便なことが多いなどといったことにはならないようにしたいものです。

昼と夜とで雰囲気が違う

お気に入りの部屋が見つかったら、できるだけ自分の目でその賃貸住宅の情報を得たいところです。街の雰囲気や周辺の環境というものは、しかし昼と夜とでずいぶん違ってきたりするところがあるので、注意が必要です。部屋の見学をするのは通常昼間の一回だけでしょうが、できれば夜の雰囲気も見ておくべきでしょう。昼間は明るくて気付かなかったけれど、夜になると街灯の数も少なく、意外と暗くて怖いなんてこともあったりしますよ。

最寄り駅のチェックポイント

住みたい部屋の最寄の駅も良く見ておくべきです。最寄り駅では特に駅前がどのくらい賑やかなのかと言ったところを重点的に見るようにしましょう。駅の南口や北口などで、賑やかさがかなり違ったりする駅もたくさんありますよね。北口と南口は正反対の入り口で自由に行き来ができなかったりもするので、住みたい部屋がどの入口にあるのかというところもチェックしておくべきところです。駅まで自転車で行こうとしているなら、駐輪場の状況なんかも見ておくと良いのではないでしょうか。

青山の賃貸マンションの中でも、特に周辺の風景と調和した物件の人気が高いです。そのような物件は、スタイリッシュな外観に特徴があります。

Comments are closed.