賃貸マンションと賃貸アパートの違いについて押さえておくべき3つのポイント

根本的な構造が異なる

賃貸マンションと賃貸アパートの違いは、なんとなくわかるけど具体的には知らないということが多いのではないでしょうか。マンションは3回建て以上で鉄筋コンクリートや鉄筋鉄骨コンクリート製である建物の総称です。それに対してアパートは、平屋二階建てが基本で、中には木造である場合があります。コーポやハイツという名称は、アパートという古いイメージを持たれないために付けられており、実際にはアパートと全く変わりません。

騒音が気になる場合の選び方

生まれたての赤ちゃんと一緒に住む場合や、隣人の騒音に悩まされたくないのであれば、アパートではなくマンションを選ぶ方が良いでしょう。壁が厚いだけではなく、鉄筋コンクリートや鉄筋鉄骨コンクリート製であることで、騒音を最小限に抑えてくれます。自分が隣人に迷惑をかける恐れがある場合も、マンションを選ぶ方が良いでしょう。賃貸物件は、他人と同じ建物内に住んでいるので様々なトラブルが起こる可能性がありますが、その中でも騒音は最も起こりやすいトラブルなので、注意して賃貸物件を選びましょう。

マンションとアパートの賃料の違い

マンションとアパートでは、同じ賃貸物件でも賃料が異なります。建てる際には、アパートよりもマンションの方がお金がかかるので、それだけ賃料も高く設定されています。その分、アパートには付いていないオートロックやエントランスの設置によるセキュリティ性が高いので、女性の一人暮らしやファミリー向けな賃貸物件です。賃料が高くても安全が第一なので、女性の一人暮らしであればマンションに住みたいところですよね。同じ間取りであっても、アパートの方が賃料が安いことがほとんどなので、経済状況や家族構成などに合わせて選ぶことが大切です。

帯広の賃貸マンションは防犯セキュリティとしてテレビモニター付きのインターホン、ダブルオートロック機能が取り付けられていて安全に暮らす事が出来ます。

Comments are closed.