外壁塗装のリフォームをする際の手順について

最初は見積から始まる

外壁塗装のリフォームを行う場合にはその家屋の塗装の劣化状況がいかなるものかを確認する必要があるので、業者に依頼すると担当の人が自宅まで見積もりに来てくれます。見積にきた業者の担当者が家の外壁状況を大まかにチェックし大体の工事金額を提示します。提示金額に納得が行く場合にはその場で申し込みを、値段に納得が行かない場合は別の業者と比べるためにも保留するか断るかどちらかを選びましょう。どの外壁塗装も最初は見積が大事です。

施工を依頼すると最初に外壁の塗装のチェックがある

施工を依頼した場合にはまず最初に外壁塗装のチェックを行います。目視による劣化の確認だけではなく、打診検査を行い打診棒で既存の塗膜の状態を隅々までチェックします。この時に塗膜にクラックが発見された場合や塗装面の著しい劣化やはげなどがあった場合にはマーキングを行います。マーキングされた場所は塗り替えるだけでは改善が出来ませんので塗膜を除去してから塗り直すことになります。検査が終わると外壁塗装が始まります。

リフォームの塗装の工程について

リフォームの外壁塗装は基本的に劣化箇所や亀裂箇所があった場合にその場所の塗膜については一から塗り直しをすることになりますが、それ以外の箇所の塗装については既存の塗装の上から塗装を施すことになります。外壁塗装にかかる日数は住宅の外壁の面積で若干の違いがありますが二週間程度の場合が多くなっています。もちろんこの工期の中には足場の組立から解体に塗装チェックまで外壁塗装に必要なすべての工程を含んでいます。

アパート塗装なら千葉で評判の業者へ依頼することで、安心して作業を任せることができ、高品質な仕上がりも期待できます。

Comments are closed.